釣りバカ日誌【第959話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画最新話ネタバレ内容感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約4分で読めます。

『釣りバカ日誌』【第959話】は2019年8月20日発売のビッグコミックオリジナル2019年17号に掲載されました。

この記事では最新話【第959話】『ゴッド・ハマーはすぐそばに』のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

前回の話をまだ読んでいない方はこちらから先にご覧ください。

 

この先、ネタバレの内容を含みます。

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTでビッグコミックオリジナル最新号を無料で読む

 

 

スポンサーリンク

釣りバカ日誌最新話【第959話】のネタバレ・あらすじ

鈴木建設に黒笹組の黒笹組長から真鯛が送られてきた。

その意味を解釈しようとするが誰にもわからない。

もしかすると、死んだ動物=死の予告か?

 

ただ一人、この問題を解決できると思われるD・ハマーと何とか接触したいと思うが、全く雲をつかむような存在だ。

唯一、佐々木常務がバーHANABIで土井・稲川の両氏と会うことができ、その結果実在の人物であることだけは分かった。

 

結局意味の分からないまま、その真鯛は浜ちゃん家族の胃袋に納まることとなった。

 

その頃、スーさんの自宅に中森常務が突然訪れてきた。

そして、今回の一件を報告し、D・ハマーを紹介してほしいという。

 

スーさんが出てくると、多胡代行の立場がなくなるので、スーさんの仲間の土井・稲盛の両氏が認めたD・ハマーを当然知っていると思われるスーさんに紹介してほしいと訪ねてきたのだ。

 

スーさんは土井・稲盛の両氏と会ってそのフィクサーが浜ちゃんであるとわかったが、スーさんは当面、直接関与するのは控えることにした。

 

その翌日、多胡代行と会った浜ちゃんは、代行に滅茶苦茶にやられた。

浜ちゃんの所属するアフター室のせいで5キロもやせ、精神的にも追い込まれているのだと代行は考えている。

お気楽なことを言う浜ちゃんに激怒したのだ。

釣りバカ日誌最新話の掲載されているビッグコミックオリジナルを今すぐ無料で読む

『釣りバカ日誌』【第959話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ!!

U-NEXTを使えば最新話の掲載されているビッグコミックオリジナルも、今すぐ無料で読めます。

 

『釣りバカ日誌』最新話を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTでビッグコミックオリジナル最新号を今すぐ無料で読む

 

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

釣りバカ日誌【第959話】の感想

スーさん以下稲盛・土井の3人しかD・ハマーの正体を知らない。

浜ちゃん自身は、それを感じており多胡代行や、佐々木常務に助け舟を出そうとするが、誰もそれをわかってくれない。

それはそうであろう。大阪国際万博の詐欺事件を解決したりする、国際的なフィクサーが釣りバカの浜ちゃんであるはずがないと皆が思うのも、もっともなことだ。

 

しかし、浜ちゃんのお気楽な性格で、いろいろな厄介な案件を解決してきたのも事実である。

浜ちゃんがそれを自慢したり、鼻にかけたり、ましてや出世の道具に使ったりしていないからこそ、成り立っているのだろう。

今回も、どうも黒笹組長の孫と浜ちゃんのからみで、すべてが解決しそうな気がするが・・・。

 

まとめ

『釣りバカ日誌』【第959話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

次回の内容も気になりますね。

 

『釣りバカ日誌』【第960話】は9月5日発売のビッグコミックオリジナル2019年18号に掲載予定です。

 

コメント