五等分の花嫁【106話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

五等分の花嫁【第106話】は2019年10月16日発売の週刊少年マガジン2019年46号に掲載されました。

この記事では最新話【第106話】『最後の祭りが三玖の場合②』のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

 

前回をまだ読んでいない方はこちらから読んでみて下さい。

 

この先、ネタバレの内容を含みます。

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで週刊少年マガジン最新号を無料で読む

 

スポンサーリンク

五等分の花嫁【第106話】最新話のネタバレ・内容

クラスの男子と女子の関係が修復しないまま、たこ焼き屋が営業停止になってしまった翌日。

三玖は四葉と上杉を探していました。

男子を説得したものの出店停止となってしまったのです。

四葉は心配そうです。

 

色々あって疲れてたみたい、と言う三玖。

(フータローどこにいるの?フータローに会いたい)

しかし三玖の目の前にいた上杉は知らない女の子と話していました。

ショックを受ける三玖に四葉は上杉を信じよう、とフォローします。

三玖は上杉と出会ったばかりのころに言われた言葉を思い出すのでした。

「自分が好きになったものを信じろって」

どんなことがあっても上杉のことが好きだと言う三玖。

上杉に話しかけられずにたたずむのでした。

 

そして最終日。

クラスの女子たちは疲れがたまっているようでした。

三玖は上杉を引き連れて屋上にやってきます。

そこには呼び出していたクラスの代表の男の子と女の子がいました。

言い争いを続けている二人。

そんな二人に三玖は言います。

「仲!よく!して!」

三玖が大声を出したことに驚いて固まる二人に三玖は続けて言います。

 

高校生にもなって喧嘩しないで、どっちも頑張っているのに認めてあげられないの、学園祭の準備からずっと楽しくないし居心地悪い、と。

「ずっと我慢してた!もう限界!」

三玖の剣幕に女の子がフォローしようとしますが、三玖は勢いのまま言います。

他のクラスは男女で役割分担をしているから疲れていないんだよ、と。

男の子たちにも素直になってほしいと言う三玖。

裏でこっそりパンケーキの宣伝をしていた男子がいたのを見逃さなかったのです。

 

三玖はパンケーキ屋の裏方を男子に手伝ってもらうと言い出すのでした。

他の女の子たちも説得する、と言う三玖。

「私が説得するから。私を信じて」

まっすぐな三玖の瞳に二人は提案を受け入れるのでした。

 

一部始終を見ていた上杉は二人がいなくなった後、三玖に話しかけます。

「すごくわがままだったけど・・・勇気を出して言えてよかった」

ほっとしたように笑う三玖に上杉は正直に言います。

「修復は不可能ってな、勝手に自分で線ひいちまってた」

そんな上杉を三玖はいきなり押し倒すのでした。

 

二日目に一緒にいた女の子は誰なのか問いかける三玖。

友達だ、という返事をもらって安心します。

「ならよし!これを聞くのもずっと我慢してた」

俺に遠慮なんてしなくていい、と言う上杉に三玖は唐突に告げます。

「キスしたい」

 

おどろいてしどろもどろになる上杉の言葉が終わる前に、三玖は強引に言います。

「返事は後で聞くね」

上杉を押し倒したまま強引にキスする三玖。

長いキスをしながら思うのでした。

(たとえどんな超えられない壁が現れても自分を信じる限りどこまでも進んでいける)

「もう迷わない」

自分にのしかかる三玖を見つめながら上杉はこれも我慢していたことなのか、と問いかけます。

うなずきながらも三玖は言います。

「まだ全然我慢してることある」

屋上に上杉の悲鳴が響き渡るのでした。

 

最新話の掲載されている週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

『五等分の花嫁』【第106話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ!!

U-NEXTを使えば最新話の掲載されている週刊少年マガジンも、今すぐ無料で読めます。

 

『五等分の花嫁』最新話を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで週刊少年マガジン最新号を今すぐ無料で読む

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

五等分の花嫁【第106話】最新話の感想

押せ押せになった三玖がすごかった今回。

気になるところもいっぱいありましたね。

姉妹の中で倒れたのは三玖だと思ったのですが、違うのかもしれません。

残りは四葉と五月ですが、このまま順当にいけば次回は四葉のターンでしょうか。

そして上杉はこの流れで行くと学園祭中に姉妹全員とキスすることになりそうですね。

三日で五人とか。

よく最終日に平然としていたなと思います。

そして最後のシーンで三玖に何をされてしまったのかも気になりますね!

 

まとめ

以上、五等分の花嫁【第106話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

次回が早く読みたいですね!

 

五等分の花嫁【第107話】は10月23日発売の週刊少年マガジン2019年47号に掲載予定です。

 

コメント