ドラフトキング【5巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガコミックス最新刊のネタバレ内容と感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約5分で読めます。

ドラフトキング【第5巻】は2020年7月17日(金)に発売されました。

この記事では『ドラフトキング』最新刊5巻のあらすじや感想(ネタバレ含む)をご紹介します。

 

この先ネタバレの内容を含みますが、「やっぱり文章ではなく漫画として読みたい!」という方は下のリンクで読む事ができますのでお試し下さい。

登録無料、月額費用もかかりません。

ebookjapanでドラフトキング5巻をお得に読む

▼簡単登録&月額無料▼

ebookjapanでドラフトキング5巻をお得に読む

 

スポンサーリンク

ドラフトキング【第5巻】のネタバレ・内容

左肘の靭帯を損傷していた石垣商工の仲眞大海(オーシャン)。

比嘉監督は知らないと言いながらも、郷原はドラフトへの獲得を宣言する。

そこに現れたのは明英大の山城監督。

出入り禁止にしたばかりか指導者として侮辱されたと郷原に敵意をむき出しにするが、郷原は比嘉に対してこれからは仲眞を守ることも大切だと、自分は敵ではないことを伝える。

 

大海を大学推薦枠で迎える準備があることを仲眞の母親に伝える山城。

プロで生き残ることが厳しいことを伝ええると、高卒後のプロ志望届を止めて、一旦大学に進学して4年後でレベルアップの後にドラフト1位の選手に育てるつもりだ。

学費や入学金、食事も寮で完備されお金の心配が一切ない、お互いがウィンウィンの話。

 

一方、仲眞の実家を訪れた郷原は、弟の拓海が兄:大海の試合を応援しに交通事故に遭った話を母親から聞き出す。

大海は亡き弟との約束を果たすため、大会で腕が潰れても良いと悲壮な決意を秘めていたのだ。

そこで郷原は左肘が治るまで、定期的に上京して診察とリハビリの世話をすることを提案する。

 

春の大会であっさりと敗退した石垣商工は、夏の予選のシード枠を逃してしまう。

大海が復活することを信じて、ノーエラーを目標に守備の強化を決意するショート照屋。
ついに始まる夏の予選。

 

拓海の遺影を掲げる両親を前に大海のピッチングは躍動する。

スピードガンでは150km/hを叩き出すストレートに、2安打15打三振で完投。

大海の活躍に球場全体が震撼し、翌日のスポーツ新聞は一面を飾るほどの賑わいだ。

その後も快調に投球を続ける大海は、5試合を登板して61奪三振の自責点5。

 

そして決勝戦。

対戦相手は春のセンバツでベスト8に進出した興章実業だった。

興章実業の打率は.362と全国トップクラスで、主軸は甲子園でホームランを量産した「30発カルテット」。

しかし、大海は動じることなかった。

初球のチェンジアップからトレートの組み合わせでストライクを取る実力に、東京から呼び出されたスカウト部長の下辺も戦慄する。

 

郷原は、下辺と一緒に喫煙場に向かうと、大海の父親と出会う。

息子のリハビリと費用負担に礼を述べる仲眞の父親に対して、球界の宝を守るのは至極自然な流れだと謙遜する郷原。

下辺は息子の進路について再考を尋ねるが、山城と何度も話し合い不義理はしたくないとプロ進学を断る。

4年後はないと断言する郷原。

大海の野球人生でベストな選択は即プロ入りだと口調を強める郷原は、息子の意志を尊重してこその「選手ファースト」だと反論する。

『ドラフトキング』最新刊を無料で読む

ドラフトキング【第5巻】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。

FODプレミアムを使えば、『ドラフトキング』最新巻も無料で読めます

『ドラフトキング』最新刊を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

 

無料で読む方法は

    1. 無料でFODプレミアムへ登録。100ポイントゲット。
    2. 8の付く日にFODプレミアムにログイン。400ポイントゲット。
    3. 次の8の付く日にログイン。400ポイントゲット。

これで合計900ポイント貯まります!

1つ注意したいのが、無料トライアルを始める日付。

9の付く日から4の付く日(月末を含む場合は5の付く日)の入会はやめましょう!

この間に入会してしまうと『8の日』のボーナスが1回しかもらえなくなります。

確実にゲットするなら

6の付く日(6日・16日・26日)から

8の付く日(8日・18日・28日)の間

に入会!これで間違いありません!

『ドラフトキング』は599ポイントで読めますので、貯めたポイントで『ドラフトキング』を無料で読む事ができます。

無料期間で解約すれば料金は一切かかりません。

 

▼2週間無料&900Pで無料で読める!▼

FODプレミアムでドラフトキング最新刊を読む

 

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に100ポイント、8の付く日2回で800ポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

でもそんなに待てない!すぐに読みたい!

という方はebookjapanを使えば、初回ログインで50%OFFクーポンを使い、手っ取り早く安く読めますよ。

▼初回ログインで50%OFF!!▼


(この情報は記事作成時のものです。詳細は公式サイトでご確認ください。)

ドラフトキング【第5巻】の感想と考察。

進学かプロ入りか。

未成年のため大人の意見や思惑に左右されやすいケーズです。

郷原はスカウトとは切り離して、イチ野球ファンとして大海を応援したいようです。

沖縄の離島から東京までの往復代やリハビリとやり過ぎ感がありましたが、それに応えるかのような大海の圧巻的なピッチング。

この活躍に郷原をはじめ誰もが興奮する様子から、大海はやはりスター性の”持っている”選手です。

それ故に大学で4年間を無駄にすることはないと、いつも以上の厳しい口調も目立ちます。

進学が果たして大海にとっての”選手ファースト”なのか、その本心はまだ明らかにされていません。

 

まとめ

以上、ドラフトキング【第5巻】のネタバレ・内容、感想を紹介しました。

左肘に不安のある大海が、興章実業を抑えて悲願の甲子園出場を果たすことが出来るのでしょうか。

 

次の巻が早く読みたいですね!

 

コメント