寄生列島【2巻】漫画最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガコミックス最新刊のネタバレ内容と感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約5分で読めます。

寄生列島【第2巻】は2020年11月6日(金)に発売されました。

この記事では『寄生列島』最新刊2巻のあらすじや感想(ネタバレ含む)をご紹介します。

この先ネタバレの内容を含みますが、「やっぱり文章ではなく漫画として読みたい!」という方は下のリンクで読む事ができますのでお試し下さい。

 

まんが王国を使えば、初回ログインで50%OFFクーポンを使いすぐに安く読めます!

登録は無料、月額費用もかかりません。

▼初回ログインで50%OFF!!▼

寄生列島2巻を無料で読む

 ▼無料で登録&今すぐ半額で読む!▼

寄生列島2巻をお得に読む

(本記事の情報は記事投稿時点の情報です。最新の情報は各公式サイトでご確認下さい。)

 

スポンサーリンク

寄生列島【第2巻】のネタバレ・あらすじ

千堂千尋、蜷川理一郎らが港に向かうと、そこには多くの船が燃えている光景が広がっていた。

その現場にいたのは中島莉子であり、彼女がどうやら火を放ったらしいと思われたのだ。

しかし、花山島の町民が港に駆けつけると、千尋らが火を放ったと疑われ、即座に拘束される。

町内会長は千堂親子を対象に島民裁判を行うと言い、その結果2人は土牢の刑に処されることが決まった。

 

一方で、船の多くが燃えて島に食料が入ってこなくなったため、花山島では町民から食料を集め、それを学校で保管することになったのだ。

そんなときに町民の1人である大島の様子がおかしくなり、学校に保管されている食料を無断で食いつくそうとしていた。

委員長と呼ばれている女子生徒が止めに入るものの、大島はすでに我を失っていて委員長に襲い掛かる。

そこに駒井という野球部の男子生徒が助けに入り、委員長は何とか事なきを得る。

 

ただ、学校に保管されている食料が荒らされる事件が起きたことで、生徒らの中に不信感が徐々に芽生えていくのだった。

その結果、生徒会長で空手部部長でもある桂の発案で、自警団を結成することが決まった。

この自警団は学校の生徒のみで構成され、学校に保管されている食料を守ることが最大の目的である。

また、暗くて冴えない見た目をしている松野が、家から猟銃を持ってきて、この自警団に加入する。

 

町内会長は、生徒らで組織された自警団によって学校に自由に出入りできない事態を知り、牢屋に入っていた千堂親子を出し、千尋に対して学校の内情を探って報告しろと要求する。

学校では、食料の見張りをしていた自警団のある女子生徒がこっそりと一部を口にしており、その瞬間を松野に見られる。

女子生徒は隙を見て逃げ、松野は猟銃を持って追いかけるが、そこに千尋が現れたのだ。

松野は千尋に猟銃を突きつけるが、間に桂が入り松野から猟銃を取り上げ、その猟銃で松野を射殺し、遺体を埋めろと自警団の他の生徒らに指示していた。

そんな事件が発生した後、駒井は大島や桂が寄生虫に侵されておかしくなったと推測を始める。

 

その頃、寄生虫について調べている蜷川は町内会長と話をしており、花山島にある給水塔の存在を口にするが、その瞬間に町内会長の顔色が変わる。

そして、学校から脱出した千尋らはその給水塔を目指していたのだ。

なんとか給水塔にたどり着いた千尋らが目にしたのは、寄生虫と思われる存在がうじゃうじゃと散乱している、なんとも異様な光景だった。

 

『寄生列島』最新刊をポイントで読む

寄生列島【第2巻】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。

FODプレミアムを使えば、『寄生列島』最新巻ももらえるポイントで読めます

『寄生列島』最新刊を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

フジテレビの動画サイトなので、ドラマやアニメも充実していますよ!

 

FODプレミアムで読む方法は

    1. FODプレミアムへ登録。100ポイントゲット。
    2. 8の付く日にFODプレミアムにログイン。400ポイントゲット。
    3. 次の8の付く日にログイン。400ポイントゲット。

これで合計900ポイント貯まります!

1つ注意したいのが、無料トライアルを始める日付。

9の付く日から4の付く日(月末を含む場合は5の付く日)の入会は注意!

この間に入会してしまうと『8の日』のボーナスが1回しかもらえなくなります。

確実にゲットするなら

6の付く日(6日・16日・26日)から

8の付く日(8日・18日・28日)の間

に入会!これで間違いありません!

『寄生列島』は630ポイントで読めますので、貯めたポイントで『寄生列島』を読む事ができます。

登録自体は無料でできます。

 

▼2週間無料&900Pで読める!▼

FODプレミアムで寄生列島最新刊を読む

※無料期間中に取得可能なポイントで、有料作品を楽しむことができます!

 

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に100ポイント、8の付く日2回で800ポイントがもらえるので、もらえるポイントで読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

でもそんなに待てない!すぐに読みたい!

という方はまんが王国を使えば、初回ログインで50%OFFクーポンを使いすぐに安く読めます!

 ▼無料で登録&今すぐ半額で読む!▼

まんが王国公式サイト

まんが王国は月額無料なので、継続して登録していてもお金はかかりません。

まんが王国無料会員登録メリット特典
(この情報は記事作成時のものです。詳細は公式サイトでご確認ください。)

 

寄生列島【第2巻】の感想と考察。

1巻ではすでに中島莉子という少女が寄生虫に蝕まれ、すでにおかしくなっていた状況が確認されましたが、2巻では寄生虫に蝕まれている存在がさらに増えていました。

大島や桂はほぼ確実であり、このままだと花山島の全体に寄生虫の影響が出てくる可能性が考えられ、そういった状況が非常に恐ろしく感じられたのです。

ただ、千尋らが給水塔で見た光景は何なのか?が気になりました。

町内会長が恐らく詳しい事情を知っていると思われますが、彼が何かしらの悪だくみを考えているのではないか?と思いました。

 

まとめ

以上、寄生列島【第2巻】のネタバレ・内容、感想を紹介しました。

寄生虫や給水塔に関して、町内会長が何を隠しているのか?

そこの部分が明らかになってほしいと思います。

次の巻が早く読みたいですね!

 

コメント