キングダム【第610話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!藺相如の二つ目の遺言

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画最新話ネタバレ内容感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約5分で読めます。

キングダム【第610話】は2019年8月8日発売の週刊ヤングジャンプ2019年36・37号に掲載されました。

この記事では最新話のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

 

尭雲から語られた「中華のうねり」

そして王賁に向けて振り上げられる尭雲の矛!

王賁は生き残れるのか!?藺相如の遺言は語られるのか?

 

前回の内容を読んでいない方はこちらを先にお読みください。

 

この先、ネタバレの内容を含みます。

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで週刊ヤングジャンプ最新号を無料で読む

 

 

スポンサーリンク

キングダム最新話【610話】のネタバレ・あらすじ

王賁と尭雲。

両軍が見守る中、槍を振り上げ尭雲へ突撃する王賁。

そして尭雲は王賁めがけて、左手で矛を大きく振りかぶる!!

 

見開いた尭雲の目に浮かぶのは、亡き主・藺相如のいまわの際。

床に臥す藺相如の傍に付く尭雲と趙峩龍の姿。

藺相如からは2人に残された役割が語られる。

「尭雲、その時は朱き平原を・・・敵の血でさらに深き朱に染めてやれ・・・」

「ハッ!」

藺相如の手を握り応える尭雲。

程なくその手は尭雲の手からすり抜け、藺相如は静かに息を引き取った。

 

そして場面は戦場に戻る。

「オオ」

既に尭雲の矛が王賁の目前に迫り、今にも王賁を捉えようとしている。

尭雲の攻撃の方が速かった。

だが、王賁はすかさず槍を振り上げ尭雲の矛へ当てた!

「ビキッ」

「ベキ」

王賁の右腕と馬の左後ろ脚には、間違いなく折れる程の衝撃が走る。

次の瞬間・・・

ドン

何と王賁の槍が尭雲の胸を貫いた!

信を含め、両軍が驚きのあまり口を開けて止まっている。

王賁の乗った馬の脚は折れ、王賁は馬と一緒に地面に倒れ込んだ。

尭雲は口から血を吐き出し、馬上で力を失い矛を落とす。

それをきっかけに、王賁を狙って尭雲軍がなだれ込む!

 

そこへ信が駆け付け、尭雲軍を粉砕!

「おのれェっ 二人まとめて殺せェっ」

尭雲軍が2人に対して一斉に突撃しようとしたその時、

「待て・・・」

 

尭雲が止めに入る。

「逝く前にその二人には伝えておかねばならぬことがある」

ついに語られる藺相如の二つ目の遺言

『もし中華を統べる刃となる敵を止めることが叶わなかった時、その敵に対しての助言だ』

ついに尭雲からその内容が語られる。

 

「お前達が本当に中華を一つにする刃足らんと願うのならば、胸に深く刻んでおけ」

「何があろうと 必ず

「振り上げた刃は 必ず 最後まで 振り下ろせ」

 

その話を覚悟の見える目で受け止める王賁に対して、やや驚きの表情を見せる信。

胸に刺さった槍を抜きながら更に尭雲は続ける。

「中華の応えに近づく日が来ることがあれば、意味が分かる・・・多くの・・・」

 

本来なら藺相如こそ、その応えを導く人であり、尭雲はそのために命を燃やし尽くすつもりだった。

しかし、結果として主亡きあとも生き残り、『誰よりも長く仕えることとなった』。

藺相如の十傑、最期の一人・尭雲。

藺相如と出会い共にした日々を思い出しながら、馬上にて戦死した。

 

キングダム最新話の掲載されている週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

キングダム【第610話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ!!

U-NEXTを使えば最新話の掲載されている週刊ヤングジャンプも、今すぐ無料で読めます。

緊張の続くキングダム最新話を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで週刊ヤングジャンプ最新号を今すぐ無料で読む

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

キングダム最新話【第610話】の感想

ついに語られましたね。藺相如の二つ目の遺言。

その前に王賁と尭雲の決着が凄かった!

まず尭雲の矛の迫力。絵からも一撃の重さが伝わってきます。

そしてその一撃を槍で受けつつの王賁の止めの一刺し。

あれば尭雲の攻撃の反動を使ったのでしょうか?

あり得ないくらいに体が横向きになった状態で刺しに行ってます。

この見開き1ページの決着・・・

次のページの信の顔。今まさに自分の表情と一緒!

 

そして出ました!

藺相如の二つ目の遺言。みんな待ってました!

王賁と信の表情に微妙な違いが描かれていました。いましたと自分は思います。

王賁はその意味を理解しているような感じを受けますね。

信は深く理解できていない状態でしょうか。

和睦ではなく最後の一国まで攻め落とせという事かと思います。

 

それにしても、存在感のあった尭雲の死はグッと来るものがありますね。

満身創痍の右翼軍ですが、中央軍に斬り込むにはまだ早い。

馬南慈もまだ残ってますからね。

まとめ

キングダム【第610話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

待ちに待った遺言が語られ、スッキリしましたね。

まだまだ予断を許さない戦場の行方が気になりますね。

 

キングダム【第611話】は8月22日発売の週刊ヤングジャンプ2019年38号に掲載予定です。

 

コメント