鬼滅の刃【第169話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画最新話ネタバレ内容感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約3分で読めます。

『鬼滅の刃』【第169話】は2019年8月5日発売の週刊少年ジャンプ2019年36・37号に掲載されました。

この記事では最新話【第169話】『地鳴る』のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

 

この先、ネタバレの内容を含みます。

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで鬼滅の刃最新刊を無料で読む

 

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃最新話【第169話】のネタバレ・あらすじ

駆けつけたのは最強の男。

不死川の危機に突如駆けつけた悲鳴嶼行冥が

「腹の傷を今すぐ縫え…その間は私が引き受ける」

と告げ、棘つき鉄球をブンブン振り回す。

上弦の壱は、極限まで練り上げられた悲鳴嶼の肉体の完成形見て

「これ程の剣士を拝むのは…それこそ三百年振りか…」

と感嘆する。

悲鳴嶼の回す鉄球は速度が上がり続けゴウンゴウン轟音が鳴り響く。

先に動いたのは悲鳴嶼。

鎖がついた鉄球と斧の両方を時間差で投げつけながら迫り、岩の呼吸、弐ノ型“天面砕き”を繰り出す。

鎖を強靭な下半身で踏みつけ、操った鉄球が上弦の壱の顔面を粉砕するべく振り下ろされるが避けられる。

しかし避けた先には鎖が蛇のよう首へ巻きつき締め上げる。

持っていた刀でいなそうとするも「この鎖は切れぬ‼︎」と判断した上弦の壱は瞬時にしゃがみ避ける。

 

悲鳴嶼が持っている武器の鉄の純度に感嘆しながらも即座に弱点を判断し間合いを詰め上弦の壱は反撃に転じる。

悲鳴嶼は俊敏な体さばきで避け重量ある図体で信じがたい身軽さを発揮する。

そんな中、遂に悲鳴嶼の鎖が上弦の壱の刀を折った瞬間、互いに技を繰り出す。

 

悲鳴嶼 岩の呼吸、肆ノ型“流紋岩・速征”

上弦の壱 月の呼吸、弐ノ型“珠華ノ弄月”

瞬時に再生した刀で顔面を斜めに斬られた悲鳴嶼。

そこで

「無惨の時まで温存しておきたかったがここで負けては元の木阿弥、今使うも止む無し!」

と叫びながら、悲鳴嶼は両腕を交差すると茨のような痣が発現!

死闘が加速する!

鬼滅の刃最新話の掲載されている週刊少年ジャンプを今すぐ無料で読む

『鬼滅の刃』【第169話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ!!

週刊少年ジャンプ連載中の最新話は無料で読む事ができませんが、U-NEXTを使えば最新刊はいますぐ無料で読む事ができます。

『鬼滅の刃』最新巻を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで鬼滅の刃最新刊を今すぐ無料で読む

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

鬼滅の刃【第169話】の感想

柱最強の悲鳴嶼でも上弦の壱には一撃も与えられないとは上弦の壱の強さに驚愕です。

次回痣が出た悲鳴嶼がどこかまだ余裕を見せる上弦の壱に、どこまで食らいつけるのか楽しみです!

まとめ

『鬼滅の刃』【第169話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

次回の内容も気になりますね。

 

『鬼滅の刃』【第170話】は2019年8月19日発売の週刊少年ジャンプ2019年38号に掲載予定です。

 

コメント