ハリガネサービスACE【4巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガコミックス最新刊のネタバレ内容と感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約5分で読めます。

ハリガネサービスACE【第4巻】は2019年10月8日(火)に発売されました。

この記事ではハリガネサービスACE最新刊4巻のあらすじや感想(ネタバレ含む)をご紹介します。

 

 

この先ネタバレの内容を含みますが、「やっぱり文章ではなく漫画として読みたい!」という方は下のリンクで読む事ができますのでお試し下さい。

登録は当然、解約も簡単です。無料期間を使って1巻無料で読む事ができますよ!

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで『ハリガネサービスACE』最新刊を無料で読む

(この情報は記事作成時のものです。詳細は公式サイトでご確認ください。)

 

スポンサーリンク

ハリガネサービスACE【第4巻】最新刊のネタバレ・内容

間白のスパイクを止めようとした松本科学技術総合高校の選手。

しかし、ブロックアウトになってしまいます。

点を取られたにもかかわらずデータが手に入ったと喜ぶ松本サイド。

 

続いて下平のサーブとなります。

相手のレシーブの陣形に違和感を持つ鴫澤。

それはサーブをどこからでも取れるようにするための作戦でした。

サービスエースとはならずにレシーブされ、最後はプッシュボールで点を取られてしまいます。

 

金田と変わりコートを後にする下平。

彼は前衛の戻ったら何をしてみようかと考えていました。

相手を研修している松本サイドの動きに翻弄される豊瀬サイド。

特に大船はスパイクを打とうとした瞬間に相手がノーブロック選択したので挑発に乗ってしまったような反応。

それによりスパイクをミスしてしまいます。

 

そんな空気を打開しようと野々原の一言。

彼のスパイクを見て驚きを隠せない松本サイド。

なぜなら、昨日の試合では右手で打っていたのに今は左手で打っていたからです。

 

金田と猫田を後退させた監督。

彼の作戦でフェイントを真ん中に落とさせ野々原がレシーブします。

そして、トスが大船に上がります。

松本サイドのプレーにイライラしていたからなのか、相手を吹っ飛ばすスパイクを打ち込みます。

下平が前衛に戻ってきます。

彼のブロックアウトを寝たらスパイクが審判にアウトとジャッジされてしまいますが、相手の申告で点が入ります。

 

その後、再び下平のサーブの番となります。

サーブを打つ瞬間笑顔の下平。

その姿を松方が見て久しぶりに試合中に笑顔の下平を見て歓喜します。

斜めに飛んでサーブを打つ下平。

そのサーブは相手コートに入った瞬間急激に変化してネット前に落ちます。

 

続いてのサーブはサイドラインギリギリを狙っていました。

そのサーブを相手の3番が取ろうとしますが急激に変化してしまい弾いてしまいました。

3回目のサーブはネットインで2人の選手が取りに行こうとしますが落ちてしまいます。

 

その後もサービスエースを取り10回目のサーブとなる下平。

ネットインを狙いますが、その下にいたセッターが拾います。

その後スパイクを決められてしまいます。

 

その直後1セット目を取り2セット目のセットポイントとなり、成宮が登場します。

最後は彼のブロックポイントで勝利して2回戦進出を決めます。

 

試合が終わり松本サイドせったーが下平に質問します。

「狙ってネットインやっているのか?」と。

それに対して「うん」と平然した顔でい彼の答えを聞いて興味を示す松本サイド。

 

試合後、弁当を受け取ることができず、伊勢うどんを食べに行こうとする豊瀬の選手たち。

羽柴と下平が食べているところを鴫澤が目撃するのでした。

 

『ハリガネサービスACE』最新巻を今すぐ無料で読む

ハリガネサービスACE【第4巻】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。

 

U-NEXTを使えば『ハリガネサービスACE』最新巻も、今すぐ無料で読めます。

続きが気になる『ハリガネサービスACE』最新刊を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

 

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで『ハリガネサービスACE』最新刊を無料で読む

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。(この情報は記事作成時のものです。詳細は公式サイトでご確認ください。)

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

ハリガネサービスACE【第4巻】最新刊の感想

松本科学総合高校はデータを集めて試合を展開する学校でしたが、やはりデータでは予測できないからこそあの行動をとったという点で評価できるところがありました。

それは、下平の9連続サーブエース後の10本目です。

M字陣形で今までレシーブをしていましたが、最終的にセッターのひらめきでネットインを処理していました。

相手は彼のサーブの落ちるとこを研究した上での陣形を取っていましたが、データでは読めないからこそ閃いてセッターがあの行動をとったと思います。

 

今後、下平のサービスエースを相手がどのように阻止するのか楽しみです。

 

まとめ

以上、ハリガネサービスACE【第4巻】のネタバレ・感想をご紹介しました。

羽柴と下平が食事をしている姿を見て鴫澤は何を思うのか、そして、羽柴にどういう態度をとるのか気になります。

 

次の巻が早く読みたいですね!

 

コメント