僕のヒーローアカデミア【29巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガコミックス最新刊のネタバレ内容と感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約5分で読めます。

僕のヒーローアカデミア【第29巻】は2021年1月4日(月)に発売されました。

この記事では僕のヒーローアカデミア最新刊29巻のあらすじや感想(ネタバレ含む)をご紹介します。

超常解放戦線(敵連合と異能解放軍の連合)との熾烈な戦いの行方はどうなるのでしょうか?

 

この先ネタバレの内容を含みますが、「やっぱり文章ではなく漫画として読みたい!」という方は下のリンクで読む事ができますのでお試し下さい。

登録は当然、解約も簡単です。無料期間を使って1巻無料で読む事ができますよ!

▼簡単登録で30日間無料お試し+675Pもらえる▼

コミック.jp 1000コースで
『僕のヒーローアカデミア』を無料で読む

(この情報は記事作成時のものです。詳細はコミック.jp公式サイト でご確認ください。)

 

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア【第29巻】最新刊のネタバレ・内容

イレイザーヘッド(相澤先生)の個性「抹消」によって、個性の発動を止められているため、死柄木はイレイザーヘッドに狙いを定めて攻撃を仕掛けます。

先生を助けるために、デクと爆轟も最前線に出て死柄木と戦うことを選びます。

死柄木の狙いがデクであることを知っている周囲のプロヒーローは2人を止めます。

しかし、死柄木の個性がパワーアップし、少しでも触れてしまうとすべてが塵になるため、イレイザーヘッドの「抹消」が解かれてしまえば大惨事となってしまうため、2人とも周囲が止めるのを聞きません。

なにより、「”最悪”は先生を失うこと!ずっと!守ってきた先生を失うことです!!」と担任の先生を守るために、恩を返すためにも死柄木と戦います。

デク、爆轟、エンデヴァー、グラントリノが協力しますが、死柄木はなかなか倒せません。

 

場面は変わり、1年A組のほかのメンバーの待機場所に移ります。

ほかのメンバーは、市民の避難誘導のためにプロヒーローの後方支援に回っていました。

ちょうどそこに、死柄木と合流しようとしていたギガントマキアと敵連合のメンバーとかち合ってしまいます。

巨大なギガントマキアに対してMt.レディ、シンリンカムイ、ミッドナイトも倒れてしまいます。

巨大なギガントマキアが市街地に出てしまえば、大災害となってしまうため、1年A組のメンバーはミッドナイトからの指示で麻酔を飲ませて止めようとします。

各自個性を生かしてギガントマキアの足止めをしたり、近づいて麻酔を飲ませようとしますが、ギガントマキアのパワーや背中に乗っている敵連合によって阻まれてしまいます。

何とか切島が麻酔を飲ませますが、なかなか麻酔が効きません。

 

そして再度、死柄木との戦いの場面に戻ります。

死柄木はヒーローたちのすきを見て、個性を失わせる「消失弾」をイレイザーヘッドに打ち込みます。

消失弾が足に当たてしまいますが、イレイザーヘッドは自らの足を切り落とすことで個性消失を防ぎます。

とはいえ、一瞬すきができてしまい、死柄木は個性を取り戻します。

そのままイレイザーヘッドを殺されそうになった時に、轟が助けにやってきます。

 

死柄木には「超回復」の個性が与えられていますが、体が追いついておらず、回復が間に合っていないということをデクは見抜きます。

死柄木を何にも触れさせないために、デクは7代目の個性「浮遊」を使って死柄木を浮かせながら戦います。

死柄木の再生が間に合わないほどの攻撃を与えますが、それでもまだ倒すことができません。

エンデヴァーも最後の力を振り絞った攻撃をしますが、それも聞きません。

そして、死柄木の攻撃がデクに当たりそうになった時、爆轟が身を挺してデクを死柄木から守ります。

爆轟が死柄木の攻撃を受けた場面で29巻は終わってしまいます。

 

『僕のヒーローアカデミア』最新巻を今すぐ無料で読む

僕のヒーローアカデミア【第29巻】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。

 

コミック.jp を使えば『僕のヒーローアカデミア』最新巻も、今すぐ無料で読めます。

続きが気になる『僕のヒーローアカデミア』最新刊を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

 

▼簡単登録で30日間無料お試し+675Pもらえる▼

コミック.jpで
『僕のヒーローアカデミア』
最新刊を無料で読む

お試し無料期間が30日ありますし、登録直後に675円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。(この情報は記事作成時のものです。詳細は公式サイトでご確認ください。)

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

僕のヒーローアカデミア【第29巻】最新刊の感想

「爆轟勝己:ライジング」というサブタイトルだったので、爆轟大活躍の巻になるのかと期待していましたが、まさかの最後に攻撃を受けて終わる、というものだったので驚きました。

デクとの関係性や精神面での成長はとても大きかった巻だなと思いました。

今までは2人ともオールマイトにあこがれながらも、デクは人を救けることに重きを置き、爆轟は敵に勝つことに重きを置いていました。

過去の巻でオールマイトがお互いに認め合えば「救けて勝つ 勝って救ける最高のヒーローになれる」と言っていましたが、思わずデクを助けるために動いた爆轟をみていると、その最高のヒーローに近づいているように見えました。

 

まとめ

以上、僕のヒーローアカデミア【第29巻】のネタバレ・感想をご紹介しました。

とにかく、相澤先生と爆轟が無事でいてほしいです。

また、ギガントマキアを止められずに落ち込んでいるA組のみんなも、もっと活躍できる場面があるといいなと思います。

次の巻が早く読みたいですね!

 

コメント