飴色パラドックス【5巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガコミックス最新刊のネタバレ内容と感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約5分で読めます。

飴色パラドックス【第5巻】は2019年11月1日(金)に発売されました。

この記事では『飴色パラドックス』最新刊5巻のあらすじや感想(ネタバレ含む)をご紹介します。

 

この先ネタバレの内容を含みますが、「やっぱり文章ではなく漫画として読みたい!」という方は下のリンクで読む事ができますのでお試し下さい。

登録無料、月額費用もかかりません。

▼2週間無料&900Pで無料で読める!▼

FODプレミアムで『飴色パラドックス』を無料で読む

 

スポンサーリンク

飴色パラドックス【第5巻】のネタバレ・内容

紆余曲折を経てやっと両想いになった蕪木(かぶらぎ)と尾上(おのえ)。

恋も仕事も順調に思えたが・・・。

ある日、蕪木と尾上が二人でいるところに、蕪木の高校時代の親友だと名乗る三条壱臣(さんじょうかずおみ)が現れる。

地元では知らない人がいないほどのお金持ちでホテルチェーンの御曹司。

再会を喜び、声をかけてきた三条に対して、なぜか浮かない顔の蕪木。

しかも蕪木のことを元治と呼び捨てにする三条を見て、尾上はもしかして元彼!?と気が気ではなくなるのだった。

 

実は高校時代、親との不和でいろんなことがどうでも良くなっていた蕪木は、なにかと声をかけてくる三条をうっとうしがりながらも都合のいい友達と利用するつもりでつるんでいた。

そうとはしらず、親友だと思っていた三条だが、高校卒業と同時に蕪木と連絡が取れなくなってしまう。

蕪木にとっては不純な動機での友人関係だったことや、卒業以来連絡を絶っていたこと、親との不和で思い出したくもない高校時代だったこともあり、その気まずさから蕪木は三条に対して終始そっけない態度。

そんなことはおかまいなしに三条は自分の会社への転職の話を持ちかけ、断られても諦めず何度も蕪木と尾上の前に現れる。

何度誘っても話に乗ってこない蕪木が尾上とは仲良さそうにしていることに業を煮やした三条は、直接尾上に接触し、蕪木との高校時代の話をして二人を遠ざけようと画策する。

そんな三条の動きを知った蕪木は三条に対し苛立ちを覚え、きっぱりと拒絶。

すると三条は絶対に許さないと言い残し立ち去ってしまう。

 

その後、雑誌に掲載されるはずだった三条の新プロジェクトに関する記事が差し止めになる。

それを聞いた尾上が調べたところ、他社から同じコンセプトの企画が発表されていたことが分かる。

尾上は蕪木に三条の相談になってあげるよう持ちかけたのだった。

そこでやっと、何度もしつこく会いに来ていた三条が、自分に対して助けを求めていたことに気付いた蕪木。

 

情報漏洩の犯人も見つけ出し、その話を持って蕪木は三条に会いに行く。

やっとお互いの本心を腹を割って話すことができた二人。

それによってさらに蕪木と三条の距離が縮まり、尾上は気が気ではなく・・・。

三条は三条で、蕪木との仲が戻ると、相変わらずグイグイと蕪木に絡みにいき、ついには尾上に親友の座をかけたライバル宣言までする始末。

そんな二人の距離感に嫉妬する尾上に対して、蕪木はいい気味だと笑みを浮かべて・・・。

 

『飴色パラドックス』最新刊を無料で読む

飴色パラドックス【第5巻】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。

FODプレミアムを使えば、『飴色パラドックス』最新巻も無料で読めます

『飴色パラドックス』最新刊を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

 

無料で読む方法は

    1. 無料でFODプレミアムへ登録。100ポイントゲット。
    2. 8の付く日にFODプレミアムにログイン。400ポイントゲット。
    3. 次の8の付く日にログイン。400ポイントゲット。

これで合計900ポイント貯まります!

『飴色パラドックス』はPPPポイントで読めますので、貯めたポイントで『飴色パラドックス』を無料で読む事ができます。

無料期間で解約すれば料金は一切かかりません。

 

▼2週間無料&900Pで無料で読める!▼

FODプレミアムで飴色パラドックス最新刊を読む

 

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に100ポイント、8の付く日2回で800ポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

でもそんなに待てない!すぐに読みたい!

という方はebookjapanを使えば、初回ログインで50%OFFクーポンを使い、手っ取り早く安く読めますよ。

▼初回ログインで50%OFF!!▼


(この情報は記事作成時のものです。詳細は公式サイトでご確認ください。)

飴色パラドックス【第5巻】の感想と考察。

今まで人に興味を持てなかった蕪木が、尾上と付き合うようになってどんどん人間らしくなっていきます。

ケンカになっても面倒くさがらず向き合って話しあい、話したくない苦しい思い出も伝えることができるように。

「昔の自分に教えてやりたい。あと何年かすれば、毎日楽しいと思える日が来るってことを。」

と思えるほど、尾上の存在は蕪木にとってなくてはならないものになっていたんですね。

尾上も相変わらず、擦れずにピュア&天然炸裂なので癒されること間違いなし!

まとめ

以上、飴色パラドックス【第5巻】のネタバレ・内容、感想を紹介しました。

尾上に惹かれている後輩の笠井くんが二人とどう絡んでいくのか、笠井くんの今後にも期待です。

 

次の巻が早く読みたいですね!

 

コメント