約束のネバーランド【18巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガコミックス最新刊のネタバレ内容と感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約5分で読めます。

約束のネバーランド【第18巻】は2020年3月4日(水)に発売されました。

この記事では約束のネバーランド最新刊18巻のあらすじや感想(ネタバレ含む)をご紹介します。

 

ノーマンの計画がどこまで成功してしまうのか?

エマが結んだ新しい約束はどうなっているのか?

ソンジュとムジカの活躍にも期待です。

 

この先ネタバレの内容を含みますが、「やっぱり文章ではなく漫画として読みたい!」という方は下のリンクで読む事ができますのでお試し下さい。

登録は当然、解約も簡単です。無料期間を使って1巻無料で読む事ができますよ!

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで『約束のネバーランド』最新刊を無料で読む

(この情報は記事作成時のものです。詳細は公式サイトでご確認ください。)

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド【第18巻】最新刊のネタバレ・内容

鬼の王都に着いたエマとレイ。しかし、着いた頃には、ノーマン達は王・貴族・ギーラン家を戦わせ、すべて殺してしまっていた。エマはノーマンに約束は結んだからもう戦わなくていいと言う。しかし、ノーマンはもう遅い、鬼の絶滅は避けられないと答える。エマはノーマンが自分を殺して、鬼の絶滅を推し進めているノーマンの内面を言い当て、もう一人で行かせないと言う。エマには、今のノーマンが怯えている小さな子供の様に見えていた。エマとレイはノーマンに一緒に生きようと手を差しのべるとノーマンはもっと生きたい、助けてと本心を二人に打ち明けて泣き崩れる。ノーマンはΛでの実験の薬の副作用で長くは生きられない。すでにレベル4まで進行していた。エマはそのことについて、ドンとギルダから聞いていた。仲間であるΛ出身のアダムは一切副作用を発症していない事実を伝え、アダムが命を救う突破口になると話す。一方で、アジトに向かった鬼の兵隊の進行も気になり、王都に残るエマとレイ。アジトに向かうノーマン達の二手に分かれる行動しようと決めている最中、背後から死んだはずの女王が現れ、ノーマンに襲いかかる。その時、シスロが体を張ってノーマンを助け、片足を喰われてしまった。ノーマンはヴィンセントにアジトへ早く向かう指示を出し、ノーマンとサジ、エマとレイは女王と戦う。サジが女王に投げられ、3人は恐怖から身動きすることが出来なくなっていた。危機的状況の中、ソンジュがあらわれ人間を救う。ムジカもあらわれ、今日で終わりにしようと告げる。女王はゾンジュを見て、愚かな弟よと言うと二人の戦いが始まる。ソンジュは二つ目の核は腹部にあると考え、胴体を真っ二つ切るが、強力な女王の力にソンジュも吹っ飛ばされてしまう。女王の前に今度はムジカが立ち、いくら人間を食べても、地位を手に入れても、あなたは満たされない。なぜそんなに飢えているのか質問する。欲望こそが力だと答える。ムジカを攻撃しようと動いた瞬間、女王は過剰摂取により自己崩壊し、自ら食べた命に喰いつぶされてしまった。女王が死に、ムジカとソンジュに鬼世界の混乱を抑えることを任せて、エマ達はアジトのみんなを救いに向かう。一足先にアジトに着いたジリアンとナイジェルは無人になったアジトを見て、ノーマンに報告するため戻っていた。ジリアンらは鬼を捕まえ尋問したところ、皆、GF農園に連れ去られたことが分かった。圧倒的に人数的に不利で、鬼の軍隊とラートリー家の軍隊がいる中で、エマらが育ったGF農園に戻り、皆を救出し自由を手に入れるために力を合わせて戦うことを決意した。これから最終決戦が始まる。

 

『約束のネバーランド』最新巻を今すぐ無料で読む

約束のネバーランド【第18巻】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。

 

U-NEXTを使えば『約束のネバーランド』最新巻も、今すぐ無料で読めます。

続きが気になる『約束のネバーランド』最新刊を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

 

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで『約束のネバーランド』最新刊を無料で読む

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。(この情報は記事作成時のものです。詳細は公式サイトでご確認ください。)

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

約束のネバーランド【第18巻】最新刊の感想

ノーマンは一人、仲間・家族の思いを受け止めて、どうしたら鬼を絶滅させ平和な人間だけの暮らしができるのかを考え、実行に移してきた。仲間のみんなもその思想がノーマンのものであると疑わなかった。唯一内面を見抜いたのはエマだけ。今回の物語では、今まで独裁的な険しい顔のノーマンから、GF農園でみんなと鬼ごっこをしていた時の、本当のノーマンの顔に戻っているところがすごくよかった。一人孤独に、死と向き合いながら戦い続けていたのはとても苦しかっただろう。エマが戻ってノーマンと合流し流れが変わった。そう考えるとエマの人間性ってすごいなと思う。

 

まとめ

以上、約束のネバーランド【第18巻】のネタバレ・感想をご紹介しました。

エマは鬼の神のような存在と約束を結んだ。鬼の神のような存在からは、どのようなご褒美の要求が出たのかが、まだわからない。エマは全員を救うためなら、自分の命を差し出すような性格のため、どのような要求だったのかはとても気になる。

次の巻が早く読みたいですね!

 

コメント