火ノ丸相撲【第249話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察を紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画最新話ネタバレ内容感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約3分で読めます。

火ノ丸相撲【第249話】は2019年7月13日発売の週刊少年ジャンプ2019年33号に掲載されました。

この記事では最新話【第249話】『鬼丸国綱と刃皇、感謝』のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

 

この先、ネタバレの内容を含みます。

火ノ丸相撲最新巻をいますぐ無料で読む

 

スポンサーリンク

火ノ丸相撲【第249話】最新話のネタバレ・内容

横綱刃皇の雲竜型に対して攻めの不知火型で挑む鬼丸。

土俵の上での最終攻防が始まりました。観戦する人々は瞬きも忘れ、両者の刹那の煌めきの攻防に注目しています。

鬼丸の指は刃皇の廻しには届きませんが、怒涛の攻撃は止まりません。

刃皇の勝負勘は冴えますが、踏ん張る鬼丸は斬っても止まらない鬼の大群そのものです。

鬼丸の攻撃に刃皇は後手に回りますが、自分よりも相撲を堪能している鬼丸の首を掴み

「ずるいぞ!!貴様っ!!」

と押し潰そうとします。

 

しかし、ここにきて刃皇も膝にきたようです。

この機を逃すまいと廻しを掴み押し出しを狙う鬼丸。

刃皇は不利な状況ながらも“楽しい”と故郷のモンゴル相撲を思い出します。

仕掛けた技は「櫓投げ、蒼天」

しかし鬼丸は「櫓投げ、鬼桜」で返します。

 

総合力では草薙たちの方が上ですが、一瞬の爆発力は鬼丸が誰よりも勝ります。

相撲を通して応援してくれる仲間、ライバル、全てにありがとう!!

爽やかな「潮火ノ丸の相」次回クライマックス。

最新話の掲載されている週刊少年ジャンプを今すぐ無料で読む

火ノ丸相撲【第249話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。

 

週刊少年ジャンプ連載中の最新話は無料で読む事ができませんが、U-NEXTを使えば最新巻はいますぐ無料で読む事ができます。

火ノ丸相撲の最新巻を読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

 

火ノ丸相撲の最新巻をいますぐ無料で読む

 

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、最新巻を無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

火ノ丸相撲【第249話】最新話の感想

止まることのない鬼丸の攻めに、無敵の横綱に綻びがようやく出てきました。

それでも刃皇は自分の原点であるモンゴル相撲を思い出すなど、普段は悪態をつきますが本当に相撲が好きというのが分かります。

まとめ

以上、火ノ丸相撲【第249話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

次号も見逃せませんね。

次回の火ノ丸相撲【第250話】は2019年7月22日発売の週刊少年ジャンプ2019年34号に掲載予定です。

 

コメント