僕たちは勉強ができない【186話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

僕たちは勉強ができない【第186話】は2020年12月14日発売の週刊少年ジャンプ2021年2号に掲載されました。

この記事では最新話【第186話】『薄氷の女王編⑨』のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

 

前回の話をまだ読んでいない方はこちらから先にご覧ください。

この先、ネタバレの内容を含みます。

僕たちは勉強ができない最新巻をいますぐ無料で読む

 

スポンサーリンク

僕たちは勉強ができない【186話】最新話のネタバレ・あらすじ

遊園地でお互いの気持ちを確認して結ばれた二人は、一緒の部屋に住むことになっていました。

引っ越し業者が去ったあとの新居で、ソワソワする二人。

桐須先生は成幸の肩にもたれかかると、なんだか信じられないけれど今日から私たちの新しい生活が始まるのね、とつぶやくのでした。

成幸はうなずくと、愛してます、真冬さんと答えます。

そんな成幸に頬ずりしながら、もう一回とせがむ桐須先生。

いちゃついていた二人でしたが、成幸はふいに結婚式の時間は大丈夫ですかと問いかけるのでした。

 

余裕、と返す桐須先生でしたが手元の時計をあらためて確認すると止まっていることに気づいてしまいます。

青くなった桐須先生は、一瞬のちにはウエディングドレスに着替えて助手席に成幸を乗せた車を爆走させていました。

成幸は涙目になりながら、だから引っ越しは別の日にしようって言ったじゃないですか、と叫びます。

桐須先生は謝りつつも、どうしても結婚式の日から君と一緒に暮らしたかったから、と言うのでした。

カワイイ、と赤くなってうつむく成幸。

そんな成幸の気持ちを知ってか知らずか、桐須先生はさらに車を加速させるのでした。

 

息を切らして会場にたどり着いた二人を、友人たちが笑顔で迎えます。

成幸の母親や弟妹たちも喜んであいさつするのでした。

成幸の母親は、桐須先生の恩師でもあった成幸の父親が喜んでいるはずだと笑顔で言うのでした。

そこに桐須先生の家族も到着します。

控室で母親は桐須先生に、良い両親ではなかったと謝ります。

一日だってあなたの幸せを願わなかった日はなかった、と言うその言葉に桐須先生も涙を流すのでした。

ありがとう、と言われた成幸は一生をかけて幸せにし続けていきます、と答えるのでした。

両親にも祝福されながらバージンロードを歩き、成幸のもとにやってきた桐須先生。

夫婦の新しい人生、未来が始まるのです、という言葉と共に手を取り合った二人は喜んでいる成幸の父親の幻を見ることができたのでした。

 

帰り道、二人で川辺を歩きながら桐須先生は感慨深げに指輪を眺めます。

成幸は桐須先生と手をつなぐと、高校生のときに桐須先生に言われた平行線、という言葉をつぶやきます。

夫婦は平行線のように一緒に並んで歩ける関係のことだろう、と成幸は言うのでした。

まずは歩幅を合わせて素敵な家族を作りましょう、という成幸の言葉に桐須先生は赤くなりながらもうなずくのでした。

世界一幸せだわ、と言いながら夕暮れの川辺で微笑む桐須先生。

その姿は信じられないほど綺麗で、成幸は雪どけに満開の花が咲いたようだと感じるのでした。

 

最新話の掲載されている週刊少年ジャンプを今すぐ無料で読む

僕たちは勉強ができない【第186話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。

 

週刊少年ジャンプ連載中の最新話は無料で読む事ができませんが、U-NEXTを使えば最新刊はいますぐ無料で読む事ができます。

僕たちは勉強ができないの最新巻を読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

 

僕たちは勉強ができないの最新巻をいますぐ無料で読む

 

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、最新巻を無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

僕たちは勉強ができない【第186話】最新話の感想

連載当初はあんなに冷たい印象だった桐須先生に、こんな幸せなエンディングが待っていたとは想像できませんでした。

いつものクールな桐須先生もいいですが、成幸の純粋な想いに応えるように微笑む桐須先生はとてもすてきだと思いました。

今回で最終回かと思いきや、来週クライマックスを迎えるらしいのでどんな大団円になるのかとても楽しみです。

 

まとめ

以上、僕たちは勉強ができない【第186話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

次号も見逃せませんね。

次回の僕たちは勉強ができない【第187話】は2020年12月21日発売の週刊少年ジャンプ2021年3・4号に掲載予定です。

 

コメント