ぼくたちは勉強ができない【125話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画最新話ネタバレ内容感想考察 感想・ネタバレ
この記事は約3分で読めます。

『ぼくたちは勉強ができない』【第125話】は2019年9月2日発売の週刊少年ジャンプ2019年40号に掲載されました。

この記事では最新話【第125話】『縁の下の少女はかくも[x]に献身する』のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

 

この先、ネタバレの内容を含みます。

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTでぼくたちは勉強ができない最新刊を無料で読む

 

 

スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話【第125話】のネタバレ・あらすじ

成幸の妹の水希は受験前の兄を陰ながらサポートしていた。

そんな時、成幸が忘れていった弁当を予備校に届けに行った水希は、生徒と間違われて授業を受けることになってしまった。

 

成幸にバレてはいけないと思う水希だったが、うるさい生徒に迷惑している成幸を見て我慢できず、おたまを投げてその生徒たちを黙らせたため、結局成幸にバレてしまう。

 

バレてしまった流れで成幸やその友達とお昼を食べることになってしまう

しかし、水希は成幸の周りが女子ばかりであることに嫉妬してしまう。

 

成幸のために作った弁当の話題で水希も話そうとするが、忙しそうな成幸に後回しにされてしまい、水希は嘘をついてこの場を出ていってしまう。

水希の行動に違和感を覚えた成幸は、水希の作ってくれた弁当が験担ぎの料理でいっぱいなことに気づいた。

 

公園でたそがれる水希は、小さなころ成幸が絶対に寂しい思いはさせないと言ってくれたことを思い出していた。

そんな水希のもとへ成幸がやって来た。

 

寂しそうにしていた水希に気づいていた成幸は、何歳になっても甘えて良いと伝える。

逆に水希がお嫁に行ったら自分なんて必要ないか、と言う成幸に水希はお嫁になってあげると言う。

だが成幸に冗談だと思われて笑われてしまう。

怒りが走る水希。

 

その後今までのように成幸が気づかないうちにするのではなく、やることを宣言してからマッサージなどのサポートをするようになった。

 

ぼくたちは勉強ができない最新話の掲載されている週刊少年ジャンプを今すぐ無料で読む

『ぼくたちは勉強ができない』【第125話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ!!

週刊少年ジャンプ連載中の最新話は無料で読む事ができませんが、U-NEXTを使えば最新刊はいますぐ無料で読む事ができます。

 

『ぼくたちは勉強ができない』最新巻を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTでぼくたちは勉強ができない最新刊を今すぐ無料で読む

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

ぼくたちは勉強ができない【第125話】の感想

いくら疲れているとは言っても、どうしてマッサージされていることに気づかないのか。

水希の兄への対する気持ちが家族愛よりも若干恋愛よりなのがとても歯がゆく感じられる回だった。

 

次はあすみがメインの話になるようだが、受験まで本当に日がないこの状況でさらにどんなことが起こるのか楽しみだ。

 

まとめ

『ぼくたちは勉強ができない』【第125話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

次回の内容も気になりますね。

 

『ぼくたちは勉強ができない』【第126話】は9月9日発売の週刊少年ジャンプ2019年41号に掲載予定です。

 

コメント