アクタージュ【81話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

アクタージュ【第81話】は2019年9月14日発売の週刊少年ジャンプ2019年42号に掲載されました。

この記事では最新話【第81話】『サイド甲』のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

 

前回の話をまだ読んでいない方はこちらから先にご覧ください。

この先、ネタバレの内容を含みます。

アクタージュ最新巻をいますぐ無料で読む

 

スポンサーリンク

アクタージュ【第81話】最新話のネタバレ・あらすじ

本番まで7日を切ったある日。

街には舞台の広告とは思えないほどの宣伝のポスターが貼られていました。

天知の戦略に花子は驚くのでした。

 

そのころ、チーム甲の芝居の稽古は一変していました。

恐るべき迫力を見せる夜凪に対して、陸は歓喜し、他の共演者は戸惑いが隠せませんでした。

夜凪との立ち回りがある他の共演者に、年長者の白石は言います。

押し負けないようにしましょう、と。

 

黒山の事務所に姿を現した夜凪は、前と変わらない態度で朝ご飯を用意しています。

驚く雪に夜凪は笑って言うのでした。

「敵には慣れておいたほうがいい」

余裕を見せる夜凪に戸惑う雪。

出来ることは何でもやるの、と余裕を否定する夜凪ですが肝が据わったような様子です。

 

(もっともっと研ぎ澄ませ、限界まで。すべてはあなたを超えるために)

夜凪は千世子を思い浮かべながら、羅刹女の怒りの感情を研鑽しているようでした。

 

一方、武光も以前共演した仲間と喫茶店に来ていました。

夜凪との共演にやきもちを焼く二人。

そんな二人に武光は珍しく遠い目をしながら言うのでした。

「調子に乗るには俺はいろんなものを犠牲にし過ぎたからな」

勘当された父親が上京して見に来るらしいのです。

本番を楽しみにする武光ですが、覚悟を持って臨んでいるのでした。

 

白石と朝野は、稽古場の休憩室で話をしていました。

夜凪の芝居が変わったことに焦りをみせているような朝野。

「本当の敵は共演者ですよ」

戸惑いつつもそう言う朝野に、白石は穏やかに返します。

「本当の意味で夜凪さんと見比べられるのは同じ女優で同じ舞台に立つ朝野さんかもしれませんね」

朝野も大人の雰囲気を漂わせながら言うのでした。

「私、まだ伸びますよ」

 

同じように夜凪に感謝しているという白石は言います。

「やっと王賀美君に10年前の償いができます。舞台の上で」

その白石のセリフを陰で聞いていた陸。

償い、という言葉にくだらないと言いつつも引き返そうとします。

(不愉快だな。まるでこの俺が逃げてるみたいじゃねぇか)

踵を返そうとする陸に花子が声を掛けました。

 

夜凪以外の皆に話があると言う花子。

ステージに皆を集めると言うのでした。

「私はこの舞台をより良いものにするために、景さんに限界を超えてもらうつもりです」

何度も孫悟空と戦い続ける花子の羅刹女。

同じように夜凪も父親への忌まわしい記憶を武器に何度も戦おうとするのです。

「そのための仕掛けも用意してあります」

真意の読めない瞳で言う花子。

 

「それを実行したとき、景さんがどういう状態に陥るのか私にはわかりません」

「皆さんにはそうなった彼女を支えていただきたい」

夜凪以外のキャストの存在こそが舞台の成功の鍵だと花子は言うのでした。

 

最新話の掲載されている週刊少年ジャンプを今すぐ無料で読む

アクタージュ【第81話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。

 

週刊少年ジャンプ連載中の最新話は無料で読む事ができませんが、U-NEXTを使えば最新刊はいますぐ無料で読む事ができます。

アクタージュの最新巻を読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

 

アクタージュの最新巻をいますぐ無料で読む

 

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、最新巻を無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

アクタージュ【81話】最新話の感想

花子の仕掛けという言葉が気になりますね。

夜凪を心身ともに羅刹女に変えるという花子の仕掛け。

おそらく夜凪の憎む、父親を舞台に招待するというものになるのではないでしょうか。

最も憎む相手が目の前に現れたとき、夜凪がどうなってしまうのか。

楽しみでもあり、恐ろしくもありますね。

 

まとめ

以上、アクタージュ【第81話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

次号も見逃せませんね。

次回のアクタージュ【第82話】は2019年9月21日発売の週刊少年ジャンプ2019年43号に掲載予定です。

 

コメント