ブラマスクどこの通販サイトで買える?氷見市の下着メーカー製作でサイズや色の種類を調査

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブラマスク購入通販サイトサイズ色デザイン氷見の工場 速報
この記事は約10分で読めます。

この記事ではTwitterで話題のブラマスクがどこの通販サイトで買えるのか?そのサイズや色はどのようなものがあるのかを紹介しています。

継続的に供給されており、マスク自体も改良されてきています!

 

ツイッターで話題になったブラジャー屋のブラマスク。

マスクとしてのデザインもおしゃれですよね。(男性が着けるのは抵抗がありますが・・・)

このマスクの販売している通販サイトや色などを早速ご紹介していきます。

 

「手っ取り早く知りたい」って人はこちらへどうぞ!

ちなみにこの商品、工場の方々が通常の業務時間以外で生産してくださっているようなので、供給される量はそこまで多くないと考えられます。

売り切れていても、再販される予定もあるようですので電話での問い合わせなどは控えた方が良いと思います。

それではブラマスクの通販サイトについて紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

ブラマスクが買える通販サイト

ツイッターで紹介されているブラマスクは富山県・氷見市にある『ATSUMI FASHION』さんが製作しています。

こちらはもともと下着メーカー

その材料を使って製作されているので、かわいいレースのマスクにも納得ですね。

 

テラスハウスにも出演していた近藤あやさんが提供を受けていました。

 

 

そしてこのマスクを購入することができるのが

楽天市場(ランジェリーラボ)

ランジェリーラボ

です。

販売開始は

土曜日 20時~

 

第一弾・4月8日18時からの販売は数秒で売り切れてしまいました。

楽天では数秒で売り切れてしまいました。

ランジェリーラボ(自社サイト)の方が売り切れるまで少し時間はあったようです。

『1人3セットまで』というのが早く売り切れた要因かもしれませんね。

 

その後の販売でも売り切れが続いていましたが、マスク自体の供給が安定したこともあり、発売直後ではなくても購入できる事が多いです。

ただし、デザインや色によってはすぐに売り切れる事がありますので、販売開始時間は要チェックです!

 

 

ちなみに自社サイトの

ランジェリーラボ

で購入する場合は、クレジットカード、代引きの取り扱いになります。

購入するのに住所等の入力も必要になりますので、あらかじめ

お客様登録は済ませておきましょう!!

 

継続して製作していただいているようで、ほぼ毎週販売があります。

購入できる可能性が増えていますね!

従業員さんの頑張りに感謝です。

新作もどんどん出ています!

 

 

 

ブラマスクの色や種類

4月8日に発売されたのは

・大人用(黒)3枚セット 1089円(税込)

・子供用(白)3枚セット 1188円(税込)

の2種類でした。

 

その後も種類が増え、

【売り切れ】子供用(白)3枚セット 1188円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子ども用ブラマスク 白 3枚組 小学生用 Made in Japan Kids
価格:1188円(税込、送料別) (2020/4/18時点)

【売り切れ】幼児用(ピンク・ブルー)3枚組 1188円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幼児用ブラマスク 3枚組 Made in Japan Toddler
価格:1188円(税込、送料別) (2020/4/18時点)

【売り切れ】大人用(ライム・レモン・ミント・パープル・チョコ)3枚組 1188円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラマスク 3枚組 Made in Japan
価格:1188円(税込、送料別) (2020/4/14時点)

そして

【売り切れ】レース(ホワイト・ピンク・ライム・アクアブルー・ブラック)1枚 1639円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レース付きブラマスク Made in Japan
価格:1639円(税込、送料別) (2020/4/18時点)

 

・レース付きブラマスク 初代リニューアル(ピンク×ライラック・ライム×ライム・アクアブルー×アクアブルー)1枚 1639円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

L004 レース付きブラマスク 初代リニューアル Made in Japan
価格:1639円(税込、送料別) (2020/5/30時点)

 

さらに耳ゴムがレースになった高級品も

【売り切れ】フリーカットレース ブラマスク(ホワイト)1枚 1320円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリーカットレース ブラマスク Made in Japan
価格:1320円(税込、送料別) (2020/4/18時点)

 

・フリーカットレース ブラマスク その弐 1枚 1320円(税込)

(チェック柄、葉柄、ストライプ柄、山吹柄)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

F002フリーカットレース ブラマスク その弐 Made in Japan 単品1枚
価格:1320円(税込、送料別) (2020/5/30時点)

チェック柄が一番早く売り切れます。

 

・フリーカットレース ブラマスク メッシュ(リーフ柄・大花柄)1枚 1320円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

F004 フリーカットレース ブラマスク メッシュ Made in Japan 単品1枚
価格:1320円(税込、送料別) (2020/5/30時点)

 

・フリーカットレース ブラマスク (ブラック) 1枚 1320円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリーカットレース ブラマスク Made in Japan
価格:1320円(税込、送料別) (2020/5/30時点)

ホワイトに比べて内側の生地はしっかりめの生地を使用しています。

 

・レース付きブラマスク2(ホワイト・ピンク・ライム・アクアブルー) 1639円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レース付きブラマスク2 Made in Japan
価格:1639円(税込、送料別) (2020/5/2時点)

 

・レース付きブラマスク3(アクアブルー) 1639円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レース付きブラマスク3 Made in Japan
価格:1639円(税込、送料別) (2020/5/30時点)

 

・ブラマスク 3枚組(ホワイト・ナチュラルベージュ) 1188円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラマスク 3枚組 Made in Japan
価格:1188円(税込、送料別) (2020/5/30時点)

 

【男性向け】ブラマスク 3枚組 紐長ver. 白 1188円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラマスク 3枚組 紐長ver. 白 Made in Japan
価格:1188円(税込、送料別) (2020/5/2時点)

 

3枚組になっている大人用ブラマスクの白は医療機関へ優先的に販売するようですので、しばらく販売は無いと考えられます。

 

ちなみに裏側(肌側)の記事は不織布になっており、肌触りも良さそうです。

ついにレース生地のブラマスクが販売になりますが、耳ゴムがレースって着け心地はどうなのでしょうか?

伸縮性は間違いなくありそうなので、結構フィット感は良いかもしれませんね。

やはりレースのブラマスクはデザインが良いですね。

女性が着ける分にはおしゃれで良いと思います!

 

ブラマスクのサイズは?

現在発表されているのが

・大人用

・子供用

・幼児用

・紐長バージョン(男性用)

のサイズです。

大人用はフリーサイズですが、普段大きめサイズのマスクを使っている男性にはキツいようです。

多くの女性が使用する分には問題なさそうです!

そして男性用には、紐長バージョンが発売されました。

デザインもシンプルなので男性でも着けやすいマスクに仕上がっていると思います。

 

ATSUMI FASHIONってどんな会社?

今回ブラマスクを制作した『ATSUMI FASHION』さん。

富山県氷見市にある下着の縫製を行っている会社です。

主要取引先は

・旭化成アドバンス株式会社

・トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社

・株式会社ディノス・セシール

・その他OEM受注企業多数

と大手がずらり。

この辺りからも技術の高さが伺えますね!

 

工場は中国・ミャンマー・マレーシアにもありますが、富山県氷見市と秋田県能代市に国内生産拠点を保有しています。

今回のブラマスクについては氷見市の工場で生産しているようですね。

こちらの製造は通常業務の終わった後に残業して行っているという事で、従業員さんたちの社会貢献する姿勢に感動します。

正直、コロナ後もファッション系マスクとして流通してほしいなと感じますね。

 

まとめ

ブラマスクの通販購入先、色や種類などについてご紹介しました。

男性が着けるには勇気がいるくらい、カワイイ仕上がりだと思います。

当面は医療機関など優先しての販売になってしまうようですが、おしゃれグッズとしてもっと流通するといいですね。

 

ちなみにこんな漫画もあります!

ebookjapanでブラジャーはガスマスクになるんですかをお得に読む

もう色々スゴい!!

元々、ブラジャーをガスマスクにするという案は2009年のイグノーベル賞を受賞しているんですよね。

ついに時代が追いついた!

気になった人は読んでみてください!

コメント