五等分の花嫁【121話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

五等分の花嫁【第121話】は2020年2月12日発売の週刊少年マガジン2020年11号に掲載されました。

この記事では最新話【第121話】『五分の一の確率』のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

 

前回をまだ読んでいない方はこちらから読んでみて下さい。

 

この先、ネタバレの内容を含みます。

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで週刊少年マガジン最新号を無料で読む

 

スポンサーリンク

五等分の花嫁【第121話】最新話のネタバレ・内容

卒業の季節を迎えて五年後、新たな生活を送る上杉と五つ子たち。

海外での仕事を終えて日本に帰ってきた一花を車で迎えに来た五月は、もちろん夢だった教師になっていました。

一花は一花でかなり有名になっているようでした。

「もう着くよ、二乃と三玖が待ってる」

 

二人が向かったのは「なかの」という看板が出ている喫茶店でした。

出迎えたのはカウンターの中にいる三玖と、ウエイトレスの格好をした二乃でした。

相変わらずツンツンしている二乃は、一花をアメリカかぶれと言います。

しかし一花のインスタはこまめにチェックしているようで、それを三玖にばらされた二乃は顔を赤くして怒るのでした。

このお店も紹介しようかと言う一花ですが、三玖は穏やかに断るのでした。

「こんな設備の整った場所を貸してくれたお父さんのためにも、もう少しだけ私たちの力でやってみたい」

そんな三玖を一花は自慢の妹だと飛びついて抱きしめるのでした。

 

そこへ遅れてやってきた四葉が現れます。

汗だくで店に入ってきた四葉は家から自転車で走ってきたというのです。

「四葉、最近引っ越してフータローと一緒に東京で暮らしてるんだ」

知らなかった一花にそう報告する二乃たち。

四葉は照れてうつむくのでした。

 

五つ子たちが結婚式の前日に集まったのには目的があったようです。

母の形見のピアスを四葉に手渡すと二乃は言うのでした。

「四葉、覚悟できてるわよね」

二乃の言葉に四葉も真剣な顔でうなずくのでした。

結婚おめでとう、の掛け声とともに五つ子たちがしたのは四葉の耳にピアスの穴をあけることだったのです。

店に四葉の悲鳴が響き渡るのでした。

 

そして結婚式当日。

無事に式を終えた上杉は披露宴まで控室で待つように言われます。

そんな上杉のもとに遅れて現れたのは五つ子たちの父親でした。

「来るべきか否か、直前まで思案していたんだ」

相変わらずの迫力のある顔で言う父親に、上杉も慌てます。

会ってくれないものかと思っていた、という上杉。

昔の無礼を謝る上杉に父親は単刀直入に問いかけるのでした。

 

「四葉は心から喜んでいるかい?」

迷いのない表情でうなずく上杉。

上杉の父親が遅れてやってくると、上杉は亡くなった母親の話をしているところでした。

三玖と二乃が経営しているカフェは上杉の母親が料理店を営んでいた場所だったのです。

父親が店を貸したのは母の夢を三玖と二乃に託すためだったのかもしれない、という上杉は最後にこう続けるのでした。

「一人の女性を一生かけて愛する。俺はそんな男になりたい」

「二人の父親のように」

 

上杉が部屋を後にしたあと、入ってきた上杉の父は五つ子の父親をからかいます。

「酒は祝い事にしか飲まないんじゃなかったのか?」

問いかけられて五つ子の父はだから飲んでいるのだ、と答えるのでした。

うまくいくと思うかという質問に五つ子の父は一筋縄ではいかないと返します。

「なにしろ相手は僕の娘だからね」

 

新郎の控室に来た上杉。

あの日を何度も夢に見る、と上杉は考えます。

五つ子たちと初めて会ったあの日。

(深く脳裏に刻まれるほどの、とんでもない悪夢だ)

カーテンが開かれて見た景色に上杉は顔色を変えます。

「まだ俺は夢をみているのか?」

上杉の眼前には同じ衣装、同じ表情、同じ髪型をした花嫁が五人立っていたのです。

「五つ子ゲーム、ファイナルだよ」

「愛があれば見分けられるよね」

 

最新話の掲載されている週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

『五等分の花嫁』【第121話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ!!

U-NEXTを使えば最新話の掲載されている週刊少年マガジンも、今すぐ無料で読めます。

 

『五等分の花嫁』最新話を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで週刊少年マガジン最新号を今すぐ無料で読む

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

五等分の花嫁【第121話】最新話の感想

それぞれが新しい生活を送っている五つ子たちを見ることが出来て新鮮でした。

最後に上杉に最難関の問題が、姉妹たちから出されましたね。

付き合いが長く、姉妹たちそれぞれに特別な感情を抱いている上杉ならば五人を見分けてくれるのではないでしょうか。

四葉を当てるだけではなく、五人それぞれを言い当てられるのを期待しています。

 

まとめ

以上、五等分の花嫁【第121話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

次回が早く読みたいですね!

 

五等分の花嫁【第122話】は2020年2月19日発売の週刊少年マガジン2020年12号に掲載予定です。

 

コメント