五等分の花嫁【111話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

五等分の花嫁【第111話】は2019年11月20日発売の週刊少年マガジン2019年51号に掲載されました。

この記事では最新話【第111話】『最後の祭りが五月の場合③』のネタバレを含むあらすじと感想をご紹介します。

 

前回をまだ読んでいない方はこちらから読んでみて下さい。

 

この先、ネタバレの内容を含みます。

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで週刊少年マガジン最新号を無料で読む

 

スポンサーリンク

五等分の花嫁【第111話】最新話のネタバレ・内容

自分の意思で教師を目指すと決めた五月は父親と再び会うことを決意します。

上杉に手を出さないでくれ、と念を押した五月は無堂を呼び出すのでした。

(この問題は私たち家族で片をつけます)

五月はしっかりとした表情で考えるのでした。

 

無堂の背後から近づいた五月はあいさつをします。

自分の言葉に耳を傾ける気になったのか、と言う無堂に五月は問いかけるのでした。

教師になるという夢が間違っているならば自分はどうするべきなのか、と。

「五月ちゃんが五月ちゃんらしくあってほしい、その手助けがしたいんだ」

今も母親の幻影に取りつかれているのだ、と五月を決めつける無堂。

なぜ今更自分の前に現れたのか、という質問にもこう答えます。

「この血が引き合わせてくれたんだ、愛する娘への挽回のチャンスを」

離れている間も罪の意識に苦しんでいたと無堂は甘い言葉を続けます。

 

そこに一つの声が割って入ります。

上杉の父親と、塾講師である下田が現れたのです。

驚く無堂を尻目に、姉妹たちの育ての親までも姿を現すのでした。

「無堂先生、お元気そうで」

穏やかな口調で言う養父を上杉の父親たちが連れてきたと言うのです。

養父にもあっさり頭を下げる無堂。

しかし彼はきっぱりと言います。

「あなたの無責任な行いが僕と娘たちを引き合わせてくれた」

 

無堂は穏やかながらも冷たい言葉で反論します。

責任に関しては君も果たせていない、と。

五月が自分のところに頼りに来たのがなによりの証拠だという無堂。

一方の養父は五月がここに来たのかと驚いています。

親失格だと調子に乗る無堂に養父である中野はあっさりと言うのでした。

「よく見てください、ここに五月君はいない」

無堂の前に現れたのは五月の髪飾りをつけた三玖だったのです。

 

無堂の背後から現れた五月は、他の姉妹たちを引き連れていました。

「愛があれば私たちを見分けられる、母の言葉です」

また彼女の話か、と激昂する無堂に五月は冷静でした。

母親が後悔していたことは覚えている、と返す五月。

彼女のようになるな、と言う無堂の言葉に反論するのでした。

「たとえ本当にお母さんが自分の人生を否定しても私はそれを否定します」

「いいですよね、私はお母さんじゃないのですから」

 

すべてを犠牲にして自分たちに尽くしてくれた母の姿を覚えているという五月。

あんな優しい人の人生が間違っていたはずがありません、ときっぱり言います。

自信に満ちた笑みを浮かべて言う五月に無堂は返す言葉がないのでした。

中野もまた、姉妹たちの母親について語ります。

憧れていた恩師に裏切られ傷ついていたのは事実だろうが、無堂が知っているのはそこまでだろう、と。

「その後の彼女が子供たちにどれほど希望を見出したのかをあなたは知らない」

「あなたに彼女を語る資格はない」

怒りに満ちた表情で言う中野は五月に言葉を掛けます。

 

五月が自分の信じたほうへ進むことを望む、と。

涙を浮かべてそれを聞いた五月は無堂にきっぱりと言うのでした。

「私はあなたを許さない、罪滅ぼしの駒にはなりません」

母親から解放される日は無堂には来ないでしょう、と冷たく言うのでした。

背を向けて逃げ去っていく無堂に五月はあかんべをするのでした。

 

すべてが終わったあと、五月は上杉を呼び出します。

遠くから見ていたであろう上杉に五月はお礼を言うのでした。

母親になろうとしていた自分の夢を応援してくれた上杉。

「私、お母さんを忘れなくていいんですね」

嬉しそうに言う五月は階段の上で振り向くと、上杉に教えてもらったのだと近づくのでした。

 

驚く上杉ですが、五月は彼の横を通り抜け窓を見上げます。

上杉はどうやらキスされると思っていたらしく、自分の勘違いに怪しく笑い出すのでした。

五月は階段の下で振り向いて言います。

「君だって私の理想なんだよ、それだけ聞いてほしかったの」

いきなりしゃべり方を変えた五月に上杉はあたふたしています。

居心地悪いから元通りにしてくれ、と言う上杉に五月までも慌てだすのでした。

 

最新話の掲載されている週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

『五等分の花嫁』【第111話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ!!

U-NEXTを使えば最新話の掲載されている週刊少年マガジンも、今すぐ無料で読めます。

 

『五等分の花嫁』最新話を絵と一緒に読みたいと思ったら、ぜひ試してみて下さい!

▼簡単登録で31日間無料お試し+600Pもらえる▼

U-NEXTで週刊少年マガジン最新号を今すぐ無料で読む

お試し無料期間が2週間ありますし、登録直後に600円分のポイントがもらえるので、無料で読む事ができます。

また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。

 

五等分の花嫁【第111話】最新話の感想

一花や二乃がガツンと言うかと思いきや、きっぱりと実の父親に決別を告げた五月。

ものすごくすっきりしました。

また、上杉に対する態度も出会った頃と比べるとずいぶん変わって可愛らしかったです。

キスするまでには至りませんでしたが、今後の五月の恋心の変化にも注目だと思いました。

 

まとめ

以上、五等分の花嫁【第111話】のネタバレ・感想をご紹介しました。

次回が早く読みたいですね!

 

五等分の花嫁【第112話】は11月27日発売の週刊少年マガジン2019年52号に掲載予定です。

 

コメント