イーブックジャパン新旧アプリ・サイトのポイントや本棚機能など違いを一覧まとめ!Yahoo運営でどう変わった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イーブックジャパン新旧サービスの違いを比較 電子書籍サイト
この記事は約11分で読めます。

株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する『eBookJapan』が2019年2月28日から引っ越しを開始しました。

引っ越し先はヤフー株式会社と共同運営のebookjapan(全て小文字)。

この記事では新旧サイトとアプリの機能の違いやポイント制度など、運営が変わった事による変更点について、まとめてご紹介します。

旧『eBookJapan』は2019年6月27日をもって『ebookjapan』へ一本化されました。

 

運営も変わり、今まで慣れ親しんできたサービスから移るのは、何が変わるのか不安なところです。

先にお伝えしておきますが、今後改善予定の機能などが発表されていますので、使い続けて問題の無いサービスです!

今まで購入した漫画は引き続き楽しめますので、その違いを理解した上で今まで通り漫画ライフを楽しみましょう!

\ebookjapanで漫画を読む/

 

スポンサーリンク

新旧サイトの比較

運営が2社共同になったとは言え、Yahoo!JAPANサービスの一つとなりヤフー色が強くなった事でだいぶサービス自体に変化が見られます。

まずはざっくりと比較してみます。

 

新旧サービスの比較

 

旧サービス 新サービス
サイト名 eBookJapan ebookjapan
運営会社 (株)イーブック
イニシアティブジャパン
ヤフー(株)と共同
取り扱い コミック他、雑誌、ビジネス書等
アプリ ebiReader マンガebookjapan
ポイント eBookポイント Tポイント+PayPayボーナスライト
ID eBook ID

(Yahoo! JAPAN IDも可)

Yahoo! JAPAN ID のみ
本棚機能 表紙・背表紙・リスト表示 4/12に背表紙表示対応しました
並び変え機能あり 並び変え機能あり
無料漫画 1000冊以上 2000冊以上
無料チケット なし あり(1日8枚)

 

新サービスは無料漫画に力を入れているのが分かりますね。

取り扱い書籍数は新サイトでの記載がありませんでした。

実際にサイトを見てみると、旧サービスよりは少ない感じを受けるのですが、その数は増えてきています。

 

取り扱いジャンルも当初コミックだけでしたが、いつの間にかビジネス書籍なども増えていました。

私の予想ですが、取り扱い書籍は特殊なものを除いて、旧サービスと同じくらいになると思います。

毎日チケットを貰って無料で漫画が読めるようになったので、旧サイトよりも凄いサービスになりそうな予感です!

 

Tポイントを貯めて使えるようになった

新旧サービスで貯まるポイントが変わります。

実はこれが結構大きい変化じゃないかと自分では思っています。

新旧サービスのポイントについて比較してみます。

 

旧サービス 新サービス
ポイント eBookポイント Tポイント
ポイント率 1% 1%
ポイントの用途 eBook内での購入のみ Tポイントを使えるサービス全て

 

貯まるポイントがeBookポイントからTポイントに変わるだけです。

変わるだけですが、これが大きな変化です。

 

どちらかと言うと、

他で貯めたTポイントで漫画が購入できる

という部分がとっても大事です。

 

何気なく貯めていたTポイントで電子書籍を購入することができるんですよ!

私は漫画をほとんど電子書籍で読むので、Tポイントの使い道に良い選択肢ができて嬉しいです。

 

ちなみにYahoo!プレミアム会員なら、

・ 電子書籍購入でポイント2倍

・ 金曜日はポイント20倍

・ 5・10の付く日はポイント10倍

など更にポイントがもらえるキャンペーンが受けられます。

月に何冊か購入する人は、購入する日を工夫すればYahoo!プレミアムの会費分は元が取れます。

既に会員の方は積極的にボーナスポイントを狙っていくと、結構ポイントが貯められますね!

 

 

支払い(決済)方法

支払い(決済)方法ですが、実は新サービス開始直後は『クレジットカード』か『Yahoo!ウォレット』しかありませんでした。

 

しかし、この記事作成時点で

・Yahoo!ウォレットにあらかじめ登録したクレジットカード
・ebookjapanにあらかじめ登録したクレジットカード、もしくは購入時に入力したクレジットカード
・ソフトバンクまとめて支払い
・ワイモバイルまとめて支払い
・ドコモ払い
・auかんたん決済
・WebMoney
・BitCash

と大幅に支払い方法が増えています。

これに加えて

・Tポイント

が支払いに併用できます。

 

かなり決済手段は揃っているように感じます。

クレジットカードが使えない人でも決済できますし、予算を決めて使うのであればWebMoneyなどで調節できるので安心ですね。

 

個人的にはここに『paypay』も加わると予想しています。

paypayはヤフーとソフトバンクが絡んでますので、他のサービス同様、使えるようになるのではないでしょうか。

支払い方法が増えるのは、利用者にとってはありがたいですよね。

 

ちなみに漫画を読むには

・購入

・1話ごとレンタル(コインで購入)

・1話ごとレンタル(無料チケット使用)

・無料(チケット不要)

の4種類があります。

これは全ての漫画にそれぞれの手段があるわけではありません。

だいたい無料で読める作品は数話分無料、その後チケット使用、更にコイン使用と話数が進むにつれ変化していく形になっています。

 

ebookjapan無料の違い

 

本棚機能

旧サービスのアプリ『ebiReader』は本棚機能が充実していて、人気の理由の一つでした。

並び変えも「作者名」や「購入日」など、様々な条件で可能でしたが、何よりも

背表紙表示

これが一番の特徴でした。

 

2019年4月12日に新サービスでも背表紙表示に対応しました!

今まで背表紙に対応していなくて見にくかったのですが、これで旧サービスの良いところも取り込めましたね。

↓背表紙対応前

ebookjanap本棚タイトル長い

こうなると画像で判断するしかありませんが、表紙の表示が分かりにくいともう開いてみるしかありません。

 

↓背表紙対応後

右上の□が並ぶ部分をタップ

ebookjapan背表紙切り替えボタン

 

そうすると本棚表示に切り替わります

ebookjapan背表紙表示

待望の背表紙表示になりました!

 

旧eBookJapanの引っ越し用サイトには

ご購入いただいたまんが・本は新しい「ebookjapan」で引き続きお楽しみいただけます。

※タブレット・スマートフォンにおける本棚の背表紙表示は今後対応予定です。

とありました。

約束通りきっちり対応していただいて嬉しいです!

 

ebookjapanアプリ・サイトの評価

実際に使ってみた評価ですが、まだまだこれからのサービスだと感じます。

サイト自体は無料まんがをメインに持ってきているイメージがあり、若干使いにくくなった印象があります。

ただ、レイアウトに慣れてしまえば問題ないレベルだと思います。

アプリについてはかなり使用感が変わっています。

私が実際に新しいアプリを使ってみて感じた「悪いところ」「良いところ」を紹介します。

 

個人的に悪いと思った部分

何といっても

アプリが使いにくい!!

 

新アプリ『マンガebookjapan』の機能は

・ しおり

・ 「横読み」「縦読み」変更

・ バーでページ移動

  (ただしページ数は表示されない)

 

マンガebookjapanアプリ機能

 

現状、この程度です。

 

『ebiReader』で可能だった自動送りや4倍表示は『マンガebookjapan』ではできなくなりました。

 

正直、何で劣化したアプリでリリースされたのか不思議でしたが、少しずつ改善されているようなので期待はできます。

それだけ旧サービスのアプリが良かった、という事でもあるのですが、早く追いついてほしいですね。

背表紙表示に対応してもらったので、今度はこちらの使い易さ改善に期待です。

 

購入方法にも不便な部分があります。

先に「Tポイントで漫画を購入できる」と書きましたが、これは購入の場合です。

1話ごとのレンタルに必要なコインのチャージはクレジットカード決済(android)、アプリ内決済(iOS)のみとなります。

1『巻』毎の購入は『ブラウザ』であればTポイントを使用できます。

 

ebookjapanチケット購入画面

上がコインのチャージ画面(アプリ)

下が1巻分購入画面(ブラウザ)

 

ebookjapan書籍購入画面

このあたり分かりにくいですよね。

更にアプリからだと、1巻購入でもコインチャージをしてからの購入となるため、Tポイントが使用できません。

 

 

個人的に良いと思った部分

アプリにストア機能が付いたのは結構便利です。(コインでしか購入できませんが)

今まではサイトに行って購入、ダウンロードしてアプリで読むという流れでした。

これがアプリだけで済ませられるのはラクチンです。

ブラウザで余計なタブが増えなくて済みます!

ebookjapanストア機能

 

 

毎日チケットがもらえて無料で読めるのは良いですね。

 

ebookjapan無料チケット

 

もちろん1巻無料などもあるので、今まで通りのサービスに無料の漫画が付いてくる感じです。

無料で読んだ作品は無料専用の本棚に表示されます。

ebookjapan無料本棚画面

だいたい最新話も無料なので、続けて読む分にはお金もかからず読み切れそうです。

 

ebookjapanとコミックシーモアはどっちがおすすめ?

ebookjapanと同じようなサービスにコミックシーモアがあります。

どちらも1巻無料キャンペーンや割引キャンペーンなどがあり、どっちを使うか悩みますよね。

実際に使ってみてどちらのサービスの方が良いのか考えてみました。

ebookjapanとコミックシーモアの違い

どちらのサービスも取り扱いジャンルや冊数は大きく変わりません。

その他の部分について比較してみます。

ebookjapan コミックシーモア
初回特典 10%のTポイント還元(当月分の購入について、上限5,000円分) 1冊分のポイント還元(初回購入分、上限1,000ポイント)

50%offクーポンプレゼント

ポイントの利用方法 Tポイントとして他のサービスで使用可能(期間固定ポイントは利用制限あり) コミックシーモア内でのみ利用可能
購入方法 1購入ごとに決済のみ 1購入ごとに決済

あらかじめ購入したポイントを使用

Tポイントの使用 不可
電子マネーの使用 WebMoney、BitCash WebMoney、BitCash、NET CASH、楽天Edy、楽天ペイ
割引キャンペーン あり(50%offなど) あり(30%offなど)
無料キャンペーン あり(完結作品40巻無料など) あり(3巻無料など)

大きな違いはポイント制度ですね。

ebookjapanは一部例外がありますが、電子書籍購入で貯めたポイントはTポイントとして他のサービスで利用できます。

コミックシーモアのポイントはシーモアのサービス内でしか利用できませんが、ポイントをまとめて購入することで割引幅が大きくなり、結果的に安く読む事ができます。

 

電子マネーについてはコミックシーモアの方が取り扱いの種類が多いです。

ebookjapanはYahoo!運営になった事で支払い方法が減ってしまったのが残念ですね。

 

割引・無料キャンペーンについてはどちらも期間限定で行っていますが、割引幅はebookjapanの方が大きいものが多いですし、長期休暇期間などはよりお得なキャンペーンも組まれています。

おすすめはどっち?

「毎月数冊以上は必ず購入する」って方は、コミックシーモアでポイントを1万ポイントなどまとめて購入するか、月額コースへ加入する方が安定してお得に楽しめると思います。

でも、「たまにまとめて購入する事があるけど、毎月ではない」「好きな作品が出た時だけ購入する」という方はebookjapanの方がポイントの汎用性があっておすすめできます。

ebookjapanならコンビニなどで貯めたTポイントで漫画を購入することも可能です。

好きな漫画1作品なら貯まったポイントで毎回購入できてしまうかもしれません。

割引や無料の幅も大きいので、時間のある時にまとめて一気読みなどもかなりお得にすることができます。

まとめ

新『ebookjapan』については、まだ使いにくい印象が強いです。

しかし決済方法の追加や旧サービスにあった『新刊自動購入』が導入されるなど、今後も進化していく事は間違いないです!

 

利用者として、使用している電子書籍サイトが長く存続してくれるのは大切な事です。

サービスが終了してしまったら、買った本が読めなくなる事もありますからね。

その点、今回のサービス移行は安心できるものだと、自分は考えています。

 

あとはサイトとアプリの使いやすさが加われば、今まで以上に安心して楽しめるサービスになる事は間違いありません!

 

↓無料でebookjapanを試してみる↓

この下は漫画を無料で楽しむ事のできるサービスをご紹介しています。
様々なサービスを組み合わせる事でよりお得に漫画を楽しめます。
私も実際に利用してみておすすめできるサービスでしたので、是非ご覧になって下さい!

 

漫画を無料で読めるおすすめのサービス


U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600円分のポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名ですが、実は電子書籍のラインナップも豊富にあります。

登録時の無料ポイントですぐに電子書籍を読む事もできます。

月額料金 1,990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題(一部)・動画見放題(一部)・スマホ専用リーダーあり

本ページの情報は2019年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTは動画配信サービス有名で、見放題作品がとても豊富にあります。

電子書籍も豊富にラインナップされており、スマホ専用リーダーを使って購入した本を快適に楽しむこともできます。

漫画だけでなく、映画やアニメも楽しみたい人という人にもおすすめです!

U-NEXTで漫画を無料で読む

 

music.jp

music.jpは音楽だけでなく動画・漫画・電子書籍など幅広く楽しめるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは600ポイント、更に動画で使えるポイントが1000ポイントもらえます。

電子書籍購入時には10%のポイント還元があるため、10冊購入すると1冊お得に読めてしまいます。

月額料金 1,958円
無料期間/ポイント 30日間/600ポイント(動画1,000ポイント)
その他特典 購入時10%還元・スマホ対応

music.jpは動画配信サービスに見放題がありませんが、その代わりポイントに力を入れています。

ポイントは漫画の購入にも使えますし、映画やアニメもポイントで視聴できる新作や人気作が多いので、漫画に限らず楽しめます。

動画ポイントは漫画には使えませんが、映画やアニメに使えば無料で視聴することもできます。

music.jpで漫画を無料で読む

 

FODプレミアム

Amazonアカウントを使って登録すると、特典として1ヶ月の無料期間が付き、その間に最大1,300ポイントを貯められます。

フジテレビの公式サービスなだけあって動画が充実していますが、電子書籍サービスも充実しています。

購入時には20%のポイント還元がありお得!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1,300ポイント
その他特典 雑誌読み放題・購入時20%ポイント還元・スマホ対応

1ヶ月の無料期間で1,300ポイントを貯めるには、8の付く日にログインしてバナーをタップするだけ。

登録時100P、8の付く日(8日、18日、28日)各400Pで合計1,300Pがもらえます。

ちなみに継続利用時は8日にプラス100Pもらえるので、同じだけポイントがもらえます。

もらえるポイントが月額利用料より多いんですよ!

 

1ヶ月は雑誌と動画が見放題なので、この期間に漫画が原作のドラマやアニメなども見つけて楽しめます。

漫画購入の際は20%のポイント還元を受けられます。

ぜひお得なサービスを試してみてはいかがでしょうか。

FODプレミアム(31日間無料)

 

コメント